LIVE + RALLY PARK.(ライブラリーパーク)

仙台市/常盤紺型染てぬぐい

宮城県・仙台市

江戸時代後期に生まれ、明治から昭和初期にかけて仙台を中心に発達した型染め技法「常盤紺型染」。現在は仙台市の名取屋染工場のみがその伝統を受け継ぎ、その美しい染め模様を守り続けています。

かつては藍のみを使って染めていたため「常盤紺型」と呼ばれていましたが、現在は様々な色で染めるため「常盤型」とも呼ばれています。常盤型で染めた浴衣は仙台浴衣とも呼ばれ、東北各地をはじめ、北海道でも親しまれてきました。

常盤型は当時東北地方には技術が浸透してこなかった絣模様や絞りの着物の美しさを大量生産可能な型染めで再現したもの。十字や菱形などの絣型だけではなく、花や蝶などの多彩な模様が生み出され、柳宗悦の著書「手仕事の日本」でも紹介されました。

昔ながらの注染を続ける名取屋染工場では所蔵する常盤型の染め型を復刻し、手ぬぐいや風呂敷、小物類などを制作しています。庶民のおしゃれ着として親しまれた常盤型は、便利布でもある手ぬぐいとして、再び注目を集めています。

写真 テキスト/東北STANDARD

この商品は、LIVE + RALLY PARK. で販売しております。
在庫状況により欠品することや、品揃えが変更となる場合があります。