LIVE + RALLY PARK.(ライブラリーパーク)

ABOUT.

東北の人やコトが織りなすストーリーに出会う場所

いま、人びとが本当に見たい知りたいと望んでいる興味の矛先は、その土地で営まれるごくふつうの暮らしぶりやそこに根をおろし生きる人の姿勢や息づかいにまで向けられています。決して派手ではないけれど優しさとぬくもりに包まれた東北の何気ない日常のきらめきを伝えることは、観光や移住に繋がる新たな交流を生むことでしょう。それなら、名所や名物といった観光資源はもちろん、さらに「日常」という視点までをも含めて、東北各地のあらゆる魅力をあらためて掘り起こし伝えていく場所をつくリましょう。情報がぎゅっと詰まった図書館のように、みんなが楽しめて、歩き回れば東北の魅力を再発見する旅がはじまるような、そんな場所をつくリましょう。

そんな想いで誕生した、ライブラリーパーク。
東北に生きる楽しさ、歩きながら感じてください。

LIVE + RALLY PARK. の4つの機能

東北の魅力を紹介する常設の物販・書籍

東北に関する定期的なワークショップ

東北の食材を活用したカフェの営業

自治体による企画展示・イベント

※自治体の方々でご利用を検討される方はこちらへお問い合わせください。

WEB MEDIA

ひとの魅力を追い、東北の日常へと誘う Web メディア

LIVE + RALLY PARK. は、出会いと交流のリアルな公共空間です。と同時に、より多くのみなさんに東北の物語を伝えていくWebメディアの運営も行っていきます。とくにフォーカスするのは東北に生きる「ひと(PEOPLE)」。既存のローカルメディアやクリエイティブワーカー、そして自治体ともネットワーキングしながら、日常をいきいきと暮らすひとたちの物語をお伝えします。さらにはそのひとからつながる場所やお店(SPOT)やモノ(PRODUCT)までを含めてご紹介し、東北各地の日常にあるたくさんのきらめきを感じていただけたらと願っています。読者のみなさんが、その土地の日常を実際に旅したくなるような、そんなWebメディアをめざして。

ACCESS

勾当台公園・グリーンハウス勾当台前
宮城県仙台市青葉区本町3-9-2 外

|最寄駅|
勾当台公園駅公園2出口から徒歩約1分
広瀬通駅西6出口から徒歩約6分
北四番町駅南1出口から徒歩約8分

LOGO MARK
LIVE + RALLY PARK. (ライブラリーパーク)の名の由来について

Live + Rally Park.(ライブラリーパーク)という名前は、「Live(暮らし)をRally(集結する)」という意味の造語です。既存の観光資源はもちろん、まだ伝えきれていない東北の「暮らし」の魅力もまた大切な観光資源であるとの考えから、魅力的な暮らしを営む人やその背景にある物語を「集結」させ、情報の集積や開示の機能をもつ図書館(ライブラリー)的な空間創出をめざす、というコンセプトを表現しています。

主催・企画運営

主催|仙台市
所在地|勾当台公園
〒980-0803
仙台市青葉区国分町三丁目1-1
企画・運営|
SDC+OpenA+GUILD+
AcademiaLinks共同体
仙台市青葉区国分町1-8-14
仙台協立第二ビル8階3
TEL 022-226-8270
E-mail info@sdcinc.jp