LIVE + RALLY PARK.(ライブラリーパーク)

弘前市/こぎん刺し

青森県・弘前市

青森県弘前市を中心に津軽地方に伝わる刺し子技法「こぎん刺し」。他地域の刺し子とは異なり、縦の織り目に対して奇数の目を数えて針を入れるのが特徴です。麻布の荒い目を埋めることで保温性を高め、着衣の補強や装飾の役割にもなり、かつては野良着などに使われてきました。

弘前市にある「こぎん研究所」は日本に民芸運動が起こる中、弘前を訪れた柳宗悦さんにこぎん刺しが再評価されたことをきっかけに、津軽地域に伝わるこぎん刺しの調査をはじめました。現在も多くのお針子さんとともにこぎん刺し製品を作り続けています。

こぎん刺しは趣味としての人気も高く、多くの個人作家が多様なこぎん刺し作品の制作を行っていますが、こぎん研究所では一貫して麻布に木綿糸で奇数の目を数えて刺し子を入れる伝統的なもの作りを続けています。

かつては藍で染めた麻布に白い木綿糸のみだったこぎん刺し。現在は様々な色に染めた麻布や木綿糸を組み合わせて名刺入れや財布、バッグなど、服飾小物として姿を変えながらも広く愛用され続けています。

写真 テキスト/東北STANDARD

この商品は、LIVE + RALLY PARK. で販売しております。
在庫状況により欠品することや、品揃えが変更となる場合があります。